駿英ゼミナールは南浦和、さいたま市南区の小学生、中学生、高校生対応の個別指導x少人数授業による受験を徹底サポートする学習塾です。

小学生 英語

「英会話やってきたのに、学校の英語がとれない」「英検は取ってるはずなんですけど、中間テストの英語はダメです」こういった悩みを抱えた中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭に 数多く出会ってきました。「耳から入る、話せる」経験と同時に「気が付いたら書くことも出来ていた」「辞書を引いたり、文の構造も感覚的には分かるよ」 という状態を駿英ゼミナールでは両方身に付けてゆけるように指導しています

早い段階から外国語に触れる機会を持たせる

 平成23年度より、小学校において新学習指導要領が全面実施され、第5・第6学年で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化されました。外国語活動においては、音声を中心に外国語に慣れ親しませる活動を通じて、言語や文化について体験的に理解を深めるとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、コミュニケーション能力の素地を養うことを目標として様々な活動を行います。文法などの構造的知識ではなく、異文化理解や、コミュニケーションに重きを置いて学んでいきます。

外国語活動に関して、必修化される前から賛否両論の意見が出ていました。特にその中で言われるものが「英語よりも国語、つまりは母語が最初ではないのか」です。
「読み取る力、考える力として国語力の強化が大前提」「語学はいかに話せるかではなく、何を話すかが大切。まずは母国語で力をつけてから外国語を学ぶべき」等、外国語よりもまずは日本語の習得が先ではないかと考える人も多いのです。

ただ小学校での外国語活動は、子どもたちのコミュニケーション能力を伸ばしていくことが目標です。よって、国語の学習に必ずしもマイナスが及ぶとは思いません。寧ろ外国語に触れることによって、子どもたちが普段使っている「言葉」との違いを意識し、「言語」に対する感覚が磨かれることもあるでしょう。ですから、外国語活動を通して、日本語を含めた言語に関する力が伸びていくことはあっても、失われる事は考えられません。

更には普段学習している他の教科とも互いに関連しながら、様々な角度から子どもたちの言語力を、総合的に伸ばしていく事を目指しているのです。

単語を覚えさせたり、文法のような構造的知識を学んだりするのではなく、例えば、人の話をしっかり聞こうとしたり、自分の考えを相手に伝えようとしたりする態度を育て、言語は本来コミュニケーションの道具であることを実感させる。

そういった意味では5年生からではなく、なるべく早い段階から外国語に触れる機会を持たせてあげることに意義があると私たちは考えております。早くから触れる事により、耳が慣れ、英語に慣れ、コミュニケーションを積極的に取る姿勢も育てます。

当塾では小学校低学年(1年生~)から英語のクラスを開講しており、授業では中学校で学ぶような文法のような構造的知識は詳しくは扱いません。最初はアルファベット・ローマ字から勉強していき、日本語には無い発音の仕方をCDを使って耳から取り入れ、日本語との違いを発見し、興味を持たせることから始めます。耳のいい時期からのスタートは非常に有利です。
そして文字の勉強の次には、コミュニケーションの場面(あいさつや自己紹介、自分の気持ちを伝える等)で使われる表現を学び、コミュニケーションツールとして使えるように繰り返し練習していきます。
授業で使うテキストもイラストが多く、視覚的なイメージで理解できるようになっております。問題ページも「児童英検」および「英検5級・4級」の出題パターンに合わせたリスニングや筆記で構成されているので、英検取得もお任せください。

小学校高学年になった際には、中学英語へ導入していきます。このときにBe動詞やhave・like等の基本文を学習します。中学校でスムーズに英語の勉強が始められるよう、中学部のクラスになったときに、英語の文法は得意になるよう、低学年時と同様に、生徒とのコミュニケーションを大事にしながら指導していきます。

当塾は英語を勉強するのが初めてのお子様でも、楽しく丁寧に指導致します。皆で英語を楽しく身につけ、世界中の人たちとコミュニケーションをとりましょう! まずはその第一歩として、駿英ゼミナールで私たちと一緒に楽しく英語を始めましょう!!

無料体験レッスン
見学のお申込み、ご不明な点、各コースのご不明な点など、お気軽にお問い合わせ下さい。 またコンタクトフォームでもご質問を受け付けしています、お気軽にメッセージをどうぞ。

copyright 2018 sunei-seminar all rights reserved.