駿英ゼミナールは南浦和、さいたま市南区の小学生、中学生、高校生対応の個別指導x少人数授業による受験を徹底サポートする学習塾です。

高校生

ゴールは高校入学でしょうか? 
高校受験合格後に勉強をしなくなり、 今まで積み上げてきた勉強の習慣をいきなり0にしてしまうのはもったいなくないでしょうか?高校受験と違い、あとで取り返すことはほぼ出来ないのが大学受験です。
習慣を無くさないようにちょっと頑張ってみませんか? 

他塾と比べた時の当塾の特徴として、高校生の多さが挙げられます。 中学から当塾に通っていた生徒がそのまま高校に入っても通う生徒と、高校から新しく入塾する生徒も、どちらもいます。

ただ、中学と違い、高校生にもなると、公立高校、私立高校、大学付属の高校、と、生徒それぞれ通う高校の種類によって勉強の進度は別れてきます。しかし、共通して抑えておかないとならないポイントは同じなんです。


絶対に英語、数学を苦手にしないこと

公立高校、私立の進学校の場合、大学受験に対しての推薦を取るにしろ、一般受験をするにしても、英語、数学を苦手にしてしまった場合、進学可能な大学の選択肢が大きく狭まります。 その理由としては

  • 高校の学習内容は、難易度も高く、量も多いため、1度遅れてしまったり苦手分野が出来ると取り戻すのが難しい
  • 英語、数学は大学入試において配点が大きいため、差が付きやすい科目である
  • 数学を受験科目として使えないと、国公立大学の受験が出来ない

等が挙げられます。

中学校時代は得意だったはずの生徒が、高校3年になった時に塾に遊びに来て聞くセリフとして「中学時代は数学得意だったのに。もう今から取り戻すのは無理だから文系にします」 「大学の過去問見たら、英文が長くて意味が分からない。もっと早くに勉強始めておいたら良かった。」等が挙げられます。

理科や社会に関しては、高校3年生の1年間で、何とか取り戻すことも可能ですが、範囲も広く、積み重ねがないと次の分野の学習の難しい「英語」「数学」に関しては、高校1年生からの積み重ねがあるか、ないのか、は致命的な差になります。

ですから、高校1年生から週1回ずつでも英語、数学を始めていることは後々に相当なアドバンテージになります。高1からのスタートで、有利な受験体制を整えておきましょう!!

ポジティブに受験と向き合わせる

大学付属の高校の場合、毎年、私立の大学付属高校に進学した生徒でも、高校進学後も続けて通塾する生徒さんもいがいと多いです。その理由としては

  • 学年進学、高校から大学進学の基準が厳しい学校も多い為、最低限の成績を取り続けていかないと、せっかく入った付属校でも、大学進学が難しくなる為。
  • 大学進学の時に、高校3年間の成績と、卒業時のテストの結果が良かった順に行きたい学部への進学が決まるため、良い成績を取っていないと、自分が進学できる「学部」の選択肢の幅が狭まってくる。大学進学時に選択肢を広く持てるようにする為に、いい成績を取り続ける必要があるので。
  • 実は大学受験で国公立受験を考えている。(大学付属高校でも、国公立大受験に関してだけは、受験に失敗した場合でも、滑り止めとして付属大学への進学を許可している学校も多い為)

このように(B)の大学付属校の場合でも、いい成績を取る、外部受験を考える、どちらにしろ、「英語」「数学」はネックになって来ます。

本人が受験を意識し始めた時に、何もしていなかった場合

「やっておけばよかった。今からじゃ無理だよ。今から大丈夫かな?○○大学なんて無理だ」
これが最悪のパターンです。

逆に、本人が受験を意識し始めた時に、最低限、塾では勉強していた場合、「自分では勉強そんなにしてなかったけど、塾にだけは通っていたから、案外基本は抑えられてるな。よし、今から自分でも本気を出せば、○○大学を目指せる位置にはいるかもな。」
やっていて良かったなパターンです。

高校生が本気で頑張ろうと思った時に、今までサボっていたために、あまりに目標が遠くなりすぎて、初めから第一志望を下げてしまう。最悪のパターンですが良くあります。

逆に、本人達のやる気を出すのが難しい1年2年生の間に、目標を目指せる最低限の場所にまで引っ張っておいてあげる。受験を意識し始めた高校生に、意外と自分は貯金あるから、○○大学も目指せるな、とポジティブに受験と向き合わせる。

ここが高校生に対しての塾の大きな仕事の一つだと思います。

皆がやっていない時期だからこそ、後々に必ず有意義になる投資だと考えてください。
本人が気付いていない時期に、貯金を作っておいてあげましょう。

無料体験レッスン
見学のお申込み、ご不明な点、各コースのご不明な点など、お気軽にお問い合わせ下さい。 またコンタクトフォームでもご質問を受け付けしています、お気軽にメッセージをどうぞ。

copyright 2018 sunei-seminar all rights reserved.