駿英ゼミナールは南浦和、さいたま市南区の小学生、中学生、高校生対応の個別指導x少人数授業による受験を徹底サポートする学習塾です。

生徒インタビュー

まなみさん(高校3年生)へインタビュー

まなみさんは中学一年の途中から当塾にきましてそこから高校3年生まで通っていました。高校3年間 部活もやりながら成績もとり続けたので、高3の夏後には何校もの推薦枠を選べる中から進学先を決めました。

Q初めて塾に来た時の印象を教えてください

【生徒】別の塾に通っていましたが、初めて駿英に来たときに、一人ひとり生徒の為に教えてくれる塾だと思いました。あのころは苦手な科目があり、勉強に関して全く自信が持てず不安でした

Q何故塾を駿英に変えようと思いましたか?

【生徒】駿英は少人数制で良く見てもらえましたが、前に行っていた塾は、競争させられる感覚が強くて、授業の進度も元々出来る子に合わせて進められている気がしていました。でもこちらでは授業中も一人ひとり見回ってくれて細かく見てもらって安心して取り組めたので駿英でやっていけば何とかなるかもと思えたのが決め手です。

Q高校になっても続けて塾に来ようと思った理由をお聞かせください

【生徒】「高校入試はあくまで大学や次のステップの為の通過点であってゴールではないんだよ」という先生の言葉が印象的でした。自分も高校に入ってから 出来なくなったり付いていけなくなってから、手を打つのでは遅いかなと思いました。だから自分も満足できる高校生活を送れるように部活と両立して塾を続けて勉強しようと決めました

Q実際に高校でも通って良かったと思った出来事、場面を教えてください。

【生徒】周りで苦手な科目を作ってしまう子もいる中で、塾で予習と復習をしていたので学校の授業はとても良く理解出来て成績もとれました。
 また通っていたのは数学1科目でしたがテスト前に化学や国語に関しての質問も細かく説明してもらったり、夜中に家で勉強中に分からなくなったところも塾に聞きに行って教えてもらって 凄く安心できたことを覚えています

Q高校で通ってなかった場合何が現在と一番違っていそうですか?

【生徒】進学先を選べる立場にはなっていなかったと思います。 あとは途中で勉強の習慣を0にしなかったので 高校に入ってから勉強の仕方がどんどん分かっていったのが一番の違いです。 正直高校入学時は 先生たちに頼っているだけで、自分で何とかする方法や感覚が弱かったけど、勉強の方法を駿英の先生たちに相談しながら取り組んでいった中で成長できました。今はとても自信があります笑。

Q今後の目標を教えてください

【生徒】学校生活を楽しむのはもちろんですが、大学は自分が一番行きたい学部も選ぶことが出来たので、好きな内容の勉強を大学へ行ってとことんやりたいと思います。 

Qこれから高校生になる後輩たちにひとこと 

【生徒】高校生こそ勉強はするべきですね。 継続してやっていくことで楽しくなってくる時がくるので。

【先生】ありがとうございました