駿英ゼミナールは南浦和、さいたま市南区の小学生、中学生、高校生対応の個別指導x少人数授業による受験を徹底サポートする学習塾です。

先生ブログ

3月ですね

山本直樹 山本直樹

2019年03月06日 14:37

こんにちは。

花粉に苦しめられている山本です。いやー、3月に入ってからの花粉の勢いは留まるところを知りませんね。毎日涙目になっております。

 

さて、高校受験が終わって1週間、子どもたち・私たちともにプレッシャーから解放されのびのび優雅なひと時を送っている・・・と思いきや、もうすでに次のステージへと動き始めています。

所謂、「燃え尽き症候群」に陥らないようにするためです。これまで、受験という一つの目標のために取り組んできました。そのため、日々何をしなければならないか・今日一日の時間をどのように使うのかを考えて過ごすことができました。

 

しかし、その目標が達成してしまうと「何をすればよいかわからない」状態に陥ることは間々あります。そして、次の目標を見いだせずモチベーションが低下していく。これが「燃え尽き症候群」です。

 

そのような状態に陥らないために、先日の土曜日・日曜日に生徒・新高1の保護者を対象に「大学受験学習会」を開催し、大学入試の仕組み→各教科の勉強のポイント→高校生活の過ごし方について勉強をしてもらいました。そして、現在は来る高校生活に備え「高校入門授業」を行っているところです。

ここで、高校で学ぶ最初の単元を先取りし、好スタートを切ってもらいたいと思っています。

高校は、これまでの中学校と異なり生徒同士の学力は拮抗しています。誰でも学年トップになれますし、学年ビリにもなることができます。中学の頃のような「こいつには絶対敵わない」存在も「こいつに負けることは絶対にあり得ない」といった存在はいなくなります。皆、あなたと同レベルです。

 

だからこそ、最初に好スタートを切ることが肝心です。基本的に学年順位や学年の成績は1年から3年まででほとんど変化は起こりません。3年1学期の順位で自分の位置づけを決めつけてしまうものです。(「俺の順位は100番くらい。それ以下になんなきゃいいや。」といった具合に・・・)

皆が受験を終えて遊んでいるこの時期だからこそ、アドバンテージが取れます。引き続き、一緒に頑張っていきましょう。

無料体験レッスン
見学のお申込み、ご不明な点、各コースのご不明な点など、お気軽にお問い合わせ下さい。 またコンタクトフォームでもご質問を受け付けしています、お気軽にメッセージをどうぞ。

copyright 2018 sunei-seminar all rights reserved.